肩こり診断1

肩こり解消対策の第1歩はなんでしょう?

肩こりを感じよう!ということです。

自分の肩こりをぜひ感じてみてください。
え、わかってます?
いやいや、意外とどこがどんなふうにこっているのか、
ちゃんと自分の体が分からないことが多いんです。私たち。

じっくり、自分で自分の体を感じてみるんです。
まず、知らなくちゃ始まりません!

まず、リラックスして、気持ちを落ち着けましょう。
深呼吸して、長めに息をはいてみましょう。
そして感じてみてください。

肩が張る。つっぱる感じ。重たい感じ。こわばる感じ。
肩周辺が痛い。 表面的に痛い。
それとも、もっと奥の方でしょうか?

肩が重い。重いのは肩だけ? 首や頭は?目の奥は?
漠然とした不快感。圧迫される感じ。

様々な肩こりの症状があります。
肩の周りの筋肉の血行が悪くなってます。

肩こりは、血行が悪くなっているので、
こわばったり、痛かったりするところです。
自然に手が行くかもしれませんが、ここで、
なんとなくではなく、
じっくり感じようと思って触ってみてください。

触る手の感触はどうでしょう。

手で触ってみて、硬い感じがするところがありますか?

そして触られる肩の感覚はどうでしょう。

痛い、気持ちいい、響く感じがする。。。
痛いポイントは、実は小さいかも知れません。
両方感じてみて下さい。

手の触覚の方が敏感で、分かりやすいので、
普段はついつい触る方の手に神経が行きがちですが、
自分の手に触れられている部分にも気持ちを向けてみましょう。

それが自分で肩こりを診断する第1歩です。
発見できたらしめたもの!

肩こり診断2へ


スポンサードリンク

トップ > 肩こりは自分で診断! > 肩こり診断1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。