肩こり目こり

肩こりの原因として無視できないのが目の疲れ。

パソコンを長時間つかったりして目を酷使、
視力が落ちてしまうことは珍しくありません。

単純に目だけが疲れているという捉え方でなく、
肩や目の中の筋肉の凝りを考える必要があるかもしれません。

パソコンだけではありませんね。
いま、目は特に酷使される環境に置かれています。

ケータイのメール、小さい画面の小さい文字を、
動いている電車の中で見つめたり、夜遅くまでテレビを見たり。
ずいぶんと目に頼った生活をしているわけです。

目は近くを見たり、遠くをみたり、自
動でピント調節をしてくれています。
でも決まった距離をずっと見続けていると
ピントがかたまってしまい、
それがそのままになってしまうのです。

ピント合わせをしているのも筋肉。
それが動きが悪くなるようなのです。

視力は、健康診断などで1年に1度測るくらいでしょうか。
でも、1日のうちでも、かなり変動があるんです。

すごい近視だという人が
眼球の運動や肩、指などを使った複合的な運動をして、
数時間もたたないうちに視力が回復したという例もあります。

ぼーっと目を閉じて休めるだけでは、
実は目のコリは解消しづらいんです。

あえて、ぐっと遠くを見つめてみる。
最初はピントが合わず、ぼーっと見えていてもオーケー。
それでもなお、遠くをぐっと、見つめる。見つめる。
これ、有効です。

星が見える場合は星を見るのもよいです。
凧揚げをしていると目にいいよ〜、なんて言う人もいます。

無限大の景色が見えない都会の真ん中でも、
ひとつ向こうの交差点の信号、隣のホームの駅名表示、
目を上げて見てみてください。

そして肩や首のこりをほぐしておく。
健康な目が維持できれば快適です。

スポンサードリンク

トップ > 肩こりの原因は? > 肩こり目こり

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。